樹木葬とは

June 23, 2018

 

 

最近、はやりの埋葬スタイルに「樹木葬」というものがあります。

墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓、というイメージをもたれる方が多いと思いますが、今は1本のシンボルツリーの周りに複数のご遺骨を埋葬し、「シンボルツリーを共有する」形が多いようです。他にもスタイルは様々で、樹木ではなく草花や芝生で造られたガーデニング風のものも増えて来ました。桜の木の周辺に埋葬する「桜葬」も樹木葬です。

 

樹木葬の中でも「山里タイプ」と呼ばれるものは、自然に植物や樹木の自生している広大な山などに埋葬するタイプです。もう一つ、「公園タイプ」「庭園タイプ」と呼ばれるものは、寺院や霊園などが公園のように人工的に造ったスペースで埋葬をするものです。

どのタイプでも料金は様々ですが、一般的にはお墓を建立するよりは安価で済む場合が多いです。ただし、都心部は地価が高いため費用も高価になる場合が多かったり、公園タイプのものは管理費が高額な場合もありますので、一概に、樹木葬は安く済むと考えない方が良いかもしれません。

 

基本的に最後は「自然(土)に還りたい」と思われる方が選ばれる埋葬方法ですが、樹木葬でも、最近は骨壺に入れて埋葬する場合が増えてきました。土に還りたいとの思いで樹木葬を検討される場合は、埋葬の方法もよくご確認ください。一定期間は骨壷で個別に埋葬し、決められた期日になったら骨壺から出して他の皆様と一緒に埋葬(合葬)となる場合も多いようです。一度埋葬したその場所で供養していもらいたいのか、一定期間後に合祀してほしいか、お好みに合わせて探されることをお勧めします。

 

お願いをする業者さんによっては、管理料を支払っているのに管理がずさんな場合もあるようです。

特に山里タイプは、管理人が常駐していない場合も多く、いつもトイレが汚れていたり辺りが雑草で覆われてしまったりと言うことも少なからずありますので、見学の折には普段のお掃除の様子もチェックされることをお勧めします。又、宗教宗派を問わずと謳われているところが多いのですが、法要は埋葬したお寺様にお願いする必要がある場合も多く、供養の仕方が違うのでご家族やご親族様の間でトラブルになったりした話も聞こえてきます。中には、宗教宗派に合わせて外のお寺様に来て頂ける所もありますので、必ずご契約前に契約内容と、どんなお寺様なのか、どのような業者が管理しているかなど、しっかりご確認いただき、ご家族で十分に話し合いされることをお勧めします。

 

このように、ひとことに樹木葬といっても様々な形と料金設定があります。

ご家族様、ご親族様、皆様でよくご相談の上、ご遺族様にとっても故人の方にとってもより良いより安らかな形のご供養をお選び下さい。

 

 

Please reload

Featured Posts

オーダーメイドメモリアル Rinne(りんね)

May 16, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts

August 13, 2019

July 1, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square