永代供養  

還る場所のある安心 

 

移り行く時代の中で家族のかたちが大きく変わりつつある今、

お墓のあり方も徐々に変化を遂げています。

 

お墓を継ぐ人がいなかったり、

お墓のことでお子様やお孫さんに負担をかけたくないといった優しさが、

「永代供養」という言葉への興味を深めています。

 

ところが、一言に「永代供養」といっても、その方法は様々です。

 

Rinneでは、お客様お一人お一人のお考えをお聞きすることで、

最適な「永代供養」についてご提案いたします。

合祀墓・合祀塔

 

お寺や霊園で、大きなお墓や宝塔、モニュメントを設け、

皆様のご遺骨をまとめて一緒に納骨する埋葬方法です。

場所によっては、お盆やお彼岸に合同の供養際があったり、

個別にお経をあげていただくことも課のです。

価格は抑え目のことが多いですが、お骨はまとめて埋葬されるため、

ご遺骨を再度引き取ることはできません。

 

有名な例:日泰寺様(名古屋市千種区覚王山)、慎福寺様(三重県鈴鹿市)、法泉寺様(名古屋市南区)

納骨堂

 

お寺の境内に設けた塔や室内の納骨室にお骨を安置する埋葬方法です。

個別に埋葬することができ、お墓と同様、ご家族の方が眠るご遺骨の前でお参りすることが可能です。

合祀墓に比べて価格は高めになることが多く、

永代といってもお亡くなりになってから10年や33回忌まで、というように期限が設けられており、その後は合祀されることがほとんどです。

ご予算、お参りしたい期間、ご希望のお参り方法によって、おすすめさせていただきます。

 

有名な例:大森寺様(名古屋市守山区大森)

樹木葬

 

最近、人気のでてきた樹木葬。

こちらも、個別に納骨のできるタイプから、一本の木をモニュメントに合同で埋葬を行うタイプまで様々です。

 

樹齢80年のしだれ桜や、お好きな木を墓標代わりに植樹できるお墓など

ご希望に合わせたご提案をさせていただきます。

 

有名な例:洞泉寺様(愛知県豊田市)

※ご遺骨の埋葬に関しては、「墓地埋葬法」という法律で細かな決まりが設けられており、墓地として認められている区画以外への埋葬は法律で禁止されています。

故人の好きだった場所、自宅の庭、景色の良い山などへの散骨を希望される方も多くいらっしゃいますが、法律で禁止されていたり、周囲の方に迷惑をかけてしまう恐れもございます。気持ちよくお見送りするためにも、まずは一度お気軽にご相談ください。