就活に思うこと ~うさぎさんの終活日記~

January 22, 2019

新年あけましておめでとうございます・・・とご挨拶をするにはちょっと遅くなりましたが、昨年中は拙い文章をお読み頂きありがとうございました。未だ、家が売れていませんのでまだ名古屋におります。主人はやっと今月から雇用保険の失業手当が頂けるようになり、気が進まない就職活動を始めたのですが、再就職はなかなか厳しそうです。外で立ちっ放しの業務や重い荷物を持たなければいけないような業務の求人には応募できません。事務仕事ですとパソコンが必須になりますし、再就職難民になるのではないかと思ってしまいます。 

主人だけではなく、私も引っ越し先が決まっていませんが就活を始めました。

先に仕事が決まれば、仮住まいを探して取り合えず身の回りの物を持って引っ越すつもりです。

実は、今現在面接の結果待ち状態です。 会社のコンセプトや方針にとても共感できる職場でしたのでご縁があるとありがたいなぁと思っています。

伊豆半島は山と海の両方に恵まれた土地なので、お水も美味しくてお魚や山菜も豊富です。美術館や様々な体験教室、テレビ等で話題の動物園や公園、夏には海水浴やスキューバーダイビングなどのレジャー施設もたくさんありますので、ホテルやペンション旅館なども多く、求人情報を見ていると宿泊施設や飲食店からの求人が目立ちます。場所によりますが大島や初島、大室山、天城連山、富士山などを望む所もあり自然豊かな街並みです。道路事情は良くはありませんが、だからこそ田舎と都会のまんなかで不便過ぎない田舎暮らしが実現できる素敵な場所だと思えます。 

 

 

 

60歳間近で仕事を探すのは決して簡単な事ではありませんが、若い時と違って待遇よりもやり甲斐がある所を選ぼうと思う様になりました。又、自分の体力や経験・能力がどの程度あるのかもしっかりと考えて、無理をせずできるだけ長く働ける所はどんな職種なのかも求人に応募するにあたり熟慮しなければと思うようになりました。

未経験歓迎、年齢不問などと書かれていても、経験に年齢が加味されてしまうと年齢を重視される企業も少なくはありません。まず、勤務地から業種を選び求人情報として出ている企業の規模や理念、求めている人材などを見極めなければなりません。年齢不問と書かれていても「20代~30代活躍中」と言う言葉があれば、50代以上の中高年には不利なのかもと考えてしまいます。シニア歓迎と書かれていてもワード・エクセル必須と言う言葉があれば、パソコンのスキルがなければ応募しようとは思えません。

やりたい事とやれる事は違うのだと、自分の老いを感じる瞬間が多々あります。若ければ、スキルを身に着けてチャレンジすることもできますが、中高年世代には難しい事が多いです。

できる中高年の方も当然いらっしゃるのでしょうが、大多数はそうではありません。「年の功」を武器にできれば幸いですが、果たして役に立つ仕事に巡り合えるのか…不安の比重が重いのが現実です。

とどのつまり、「ご縁」があるかないかと言う事になってしまうのですが、「今回は残念ながらご縁がありませんでした」と言われるのも怖く応募するだけでもちょっと勇気がいるものです。 

私の場合、能天気な性格なので「ダメ元」と言う言葉にすがり、気になった求人には応募しちゃいますが、面接までの期間にその業種について調べます。ここで働けたら楽しいだろうなと言うワクワクする気持ちとは裏腹に、体力はもつのか、家事と両立できるのか、覚えることがたくさんありそうで不安も心の奥底から湧いてきます。 

不甲斐ないのですが今のところ、「就活」も「終活」も「ご縁」を頼りに祈るしかなさそうです。

Tags:

Please reload

Featured Posts

オーダーメイドメモリアル Rinne(りんね)

May 16, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts

August 13, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square