August 23, 2018

「骨壺」と言われても、見たことがない方もいらっしゃると思います。

ご親戚や職場で不幸があった際、お葬儀に参列しただけでは骨壷を直接見る事はまずありません。

ご遺体が斎場などを出発する前にお見送りをする際や、初七日や四十九日の法要の際に骨壺の入っている白い袋や帯の生地のような絵柄の入った袋に入れられた、いわゆる骨壺カバー(骨壺覆い)をごらんになる方は多いと思いますが、法要の時に袋から取り出して骨壺を直接見る事はありません。

骨壷カバーは、白い生地に白い糸で刺繍されているシンプルな物からカラフルな絵柄の物など種類が豊富で選択肢が多くなっていま...

June 26, 2018

お墓は先祖代々受け継がれていくのが当たり前、といった時代は終わろうとしています。

もちろん、可能な方は是非、お墓でのご供養を続けていただけたらと思いますが、少子化や転勤で跡を継ぐ方がいなかったり、維持費や管理のことが心配で子供様やお孫様に負担をかけたくないと思われる方が増えてくるのは仕方のない事なのかもしれません。

とはいえ、ご両親が「子供に負担をかけたくないから。。」と考えられていても、お子様のお話を聞くと「お墓は守っていきたい」と考えられているケースもよく耳にしますので、お墓のこと、今後のご供養のことはご家族様でよく話しあいをされる...

May 19, 2018

絆をつなぐ・・・


お顔も知らないご先祖様、「絆」と言われても実感が湧く方は少ないのかもしれませんね。

お墓の始まりはかなり古くからのものですが、ご遺体を土に埋めて供養する風習はネアンデルタール人の頃からだと言う一説もあるようです。日本では、縄文・弥生時代からだと言われています。

現在の様な檀家制度は、江戸時代中期から一人若しくは夫婦で1つのお墓を建てる事から始まり、先祖代々のお墓が普及したのは明治時代です。寺院が中心で行われたのではなく、政府が国家戦略のひとつとして「一族の絆」を深めるために推し進めたようです。但し、この時代までは誰もが...

May 16, 2018

オーダーメイドメモリアル Rinne(りんね)では、「お一人お一人の想いをカタチにする」をコンセプトに、手元供養・お骨壺・永代供養・散骨・樹木葬・メモリアルジュエリー・モダン仏壇・仏具など、特別な供養のカタチをご提案します。

Please reload

Featured Posts

オーダーメイドメモリアル Rinne(りんね)

May 16, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts

September 18, 2020

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebookの - 灰色の円

Copyright (C) 2013-2019

copyrights.Rinne  All Rights Reserved.

メモリアルジュエリー・手元供養・モダン仏壇・オリジナルデザイン墓 オーダーメイドメモリアル Rinne (りんね)

オーダーメモリアル Rinne